キャッシュレス消費者還元事業

給湯器の割引は当たり前!給湯器交換にかかる価格や売れ筋商品について徹底解説! - 給湯器修理交換の新潟給湯器直販センター|新潟限定85%OFF激安給湯器

Call:0120-995-840

新着情報 │ガス給湯器

  • 給湯器の割引は当たり前!給湯器交換にかかる価格や売れ筋商品について徹底解説!

2021/03/29

給湯器の割引は当たり前!給湯器交換にかかる価格や売れ筋商品について徹底解説!
Pocket

給湯器の割引は当たり前! 給湯器交換にかかる価格や売れ筋商品について徹底解説!

給湯器交換にかかる価格や売れ筋商品

給湯器メーカー各社は、個社独自のコンセプトの元、機能やデザイン性に拘った多くの機種を開発しています。

選ぶ側から見た場合、それだけ多くの給湯器の中からご自身が希望するような機器を選ぶことは困難であり、結果的に業者任せとなってしまうことも少なくありません。

また施工業者によって取り付け価格が異なるが故に、安くて大丈夫だろうか?高ければ良品なのか?などの不安や疑問などから良し悪しの判断もできなくなってしまいます。

そこで今回は、給湯器の一般的な相場やご家庭に合う給湯器の選び方、そして給湯器の売れ筋商品の価格などについて詳しく解説していきます。

給湯器の売れ筋商品価格

給湯器の売れ筋商品価格

どんな給湯器が売れ筋なのか、また価格も気になるところではないでしょうか。

まずは、2021年3月現在での売れ筋商品と価格を纏めてみました。

■給湯器 売れ筋商品別 相場

メーカー/機種名

本体相場

備考

ノーリツ/

GT-C2462AWX BL

約85,000円(税込)

フルオート給湯器/24号/エコジョーズ/壁掛型

リンナイ/

RUF-E2406SAW

約82,000円(税込)

オート給湯器/24号/エコジョーズ/壁掛型

リンナイ/

RUF-E2406AW

約91,500円(税込)

フルオート給湯器/24号/エコジョーズ/壁掛型

ノーリツ/

GT-C2462SAWX BL

約76,000円(税込)

オート給湯器/24号/エコジョーズ/壁掛型

ノーリツ/

GT-C2462SARX BL

約81,000円(税込)

オート給湯器/24号/エコジョーズ/据置型

ノーリツ/GTH-C2460AW3H BL

約133,000円(税込)

フルオート給湯器/24号/エコジョーズ/壁掛型

ノーリツ/GT-2060SAWX-1 BL

約58,000円(税込)

オート給湯器/20号/壁掛型

ノーリツ/GT-2460SAWX-1 BL

約62,500円(税込)

オート給湯器/24号/壁掛型

ノーリツ/GT-C2062SAWX BL

約75,000円(税込)

オート給湯器/20号/壁掛型

リンナイ/

RUF-A2405SAW(B)

約63,000円(税込)

オート給湯器/24号/壁掛型

※2021年3月現在 価格.com調べ/上位10機種

省エネタイプのエコジョーズ型給湯器に人気が集中しており、給湯能力に余裕のある24号でお風呂の機能が充実したふろ給湯器が売れ筋であることが分かります。

またメーカー別で見ると、上位ではノーリツとリンナイの2社が選ばれている傾向にあります。

給湯器の交換費用の相場

給湯器の交換費用の相場

給湯器の交換にかかる費用は、一般的に「商品代」+「工事代(標準工事費+標準工事費以外の工事費」の合計です。

また費用は、設置する業者や給湯器の種類、工事内容によって大きく異なります。

給湯器本体の価格

給湯器本体の価格は、一般家庭で普及率の高い16号から24号までの給湯能力、熱効率や自動湯はりなどの給湯器の機能などの組合せによって大きく異なります。

目安として、給湯能力が大きくて豊富な機能を備える給湯器ほど価格は高くなり、逆に号数が小さくて機能が少ないものほど安くなります。

■給湯器本体の価格

項目/価格

安い         ⇒         高い

設置タイプ

壁掛け ⇒ 据え置き

給湯器の機能

給湯専用 ⇒ オート給湯器 ⇒ フルオート給湯器 ⇒ ふろ給湯暖房熱源機

給湯能力

16号 ⇒ 20号 ⇒ 24号

熱効率

従来型(非エコジョーズ)⇒ エコジョーズ型

※設置タイプなどの詳しい説明は、後述の「給湯器の選び方」を参照して下さい。

 

給湯器の交換では、予算に合った給湯器選びが欠かせません。

しかし、給湯器の価格に検討がつかない方も多いのが実情で、予算が組めないこともあります。そのような場合は、まずは相場を知って無理なく交換できる範囲を決める方法も一つの手段です。

■従来型給湯器の価格相場

種類

号数

号数別価格帯

相場

給湯専用

壁掛け型

16号

35,000~65,000円

63,000

103,000

20号

40,000~85,000円

24号

50,000~90,000円

据置き型

16号

75,000~100,000円

20号

85,000~125,000円

24号

90,000~150,000円

オート

給湯器

壁掛け型

16号

75,000~150,000円

90,000

175,000

20号

90,000~170,000円

style=”border:1px solid #CCC;”

24号

style=”border:1px solid #CCC;”

95,000~180,000円

据置き型

16号

80,000~160,000円

20号

100,000~180,000円

24号

110,000~210,000円

フルオート

給湯器

壁掛け型

16号

80,000~170,000円

105,000

190,000

20号

100,000~180,000円

24号

110,000~190,000円

据置き型

16号

90,000~180,000円

20号

120,000~200,000円

24号

130,000~220,000円

オート

熱源機

壁掛け型

16号

120,000~190,000円

140,000

210,000

20号

140,000~220,000円

24号

140,000~230,000円

フルオート

熱源機

16号

130,000~200,000円

150,000

225,000

20号

155,000~230,000円

24号

165,000~240,000円

■エコジョーズ給湯器の価格相場

種類

号数

号数別価格帯

相場

給湯専用

壁掛け型

据置き型

16号

80,000~110,000円

85,000

120,000

20号

85,000~120,000円

24号

90,000~130,000円

オート

給湯器

壁掛け型

16号

95,000~160,000円

115,000

210,000

20号

110,000~180,000円

24号

120,000~200,000円

据置き型

16号

100,000~200,000円

20号

130,000~250,000円

24号

150,000~260,000円

フルオート

給湯器

壁掛け型

16号

100,000~190,000円

125,000

250,000

20号

120,000~200,000円

24号

130,000~220,000円

据置き型

16号

110,000~220,000円

20号

140,000~280,000円

24号

150,000~290,000円

オート

熱源機

壁掛け型

16号

130,000~220,000円

150,000

240,000

20号

150,000~240,000円

24号

160,000~260,000円

フルオート

熱源機

16号

140,000~230,000円

160,000

255,000

案外高いと思われた方もいらっしゃるかと思いますが、カタログ等に記載されている定価と価格相場を比較した場合、定価の50%~70%ほど値引きした価格が市場価格と言えます。また、給湯器の価格相場は年間を通して安定しており、大きく変動することはありません。

給湯器の標準工事費

標準工事費相場 約35,000~70,000円

標準工事費とは、標準的な工事にかかる工事費用です。

また費用は、設置環境や見積もり項目の違い、使用する部材によって異なります。

給湯器の標準工事費以外の工事費

標準工事費以外の工事費相場 約10,000~30,000円

標準工事費以外の工事費とは、上記の標準工事で定められている項目以外の工事にかかる費用です。一般的には見積もりの段階で計上されている工事費となりますが、その他に工事当日に想定外の作業が発生した場合にもかかる費用として計上されることがあります。

給湯器の選び方

給湯器の選び方

希望する給湯器を絞り込みます。

以下の4つのポイントを順に、現状の給湯器と比較検討していくと悩み事も少なく、スムーズな給湯器選びが可能となります。

 

給湯器の設置タイプ⇒②給湯器の種類と機能⇒③給湯能力⇒④省エネ性

それでは上記で示した順に、選び方を解説していきます。

選び方①給湯器の設置タイプ

給湯器の設置タイプ

給湯器は、戸建てや集合住宅(アパート・マンション)などの住宅様式により、大きく分けて屋内設置タイプと屋外設置タイプの2種類があります。

特に、マンションやアパートなどの賃貸や分譲住宅では、物件の管理規約や設置スペース、燃焼排ガスの排気方法によって、設置タイプが限定される場合があるため、注意が必要です。

今お使いの設置状況がどのタイプに当てはまるのか、以下で確認して下さい。

 

屋外設置タイプ

屋外設置タイプは、「壁掛け」「屋外据置」「PS設置」の3タイプに分けられます。

壁掛け

給湯器を建物の外壁に設置する主流なタイプです。

据え置き

給湯器を建物の外壁に沿って地面に据え置きするタイプです。

更に屋外据置タイプは、浴槽の穴が1つの「据置タイプ」と浴槽の穴が2つの「浴槽隣接タイプ」の2種類のタイプがあります。

2つ穴の浴槽隣接タイプは機種が少ないため、現在主流の1つ穴の据置タイプへ交換することも可能です。

■PS設置

給湯器を玄関脇のパイプスペース(パイプシャフト)内に設置するタイプです。

この設置方法は、主にマンションやアパートなどの集合住宅で採用されています。

マンションの管理規約等により、設置に関する制約が設けられているケースがあり、現状の設置環境に合った同じタイプの給湯器を選択することが一般的です。

屋内設置タイプ

屋内設置タイプは、「壁掛け」「屋内据置」の2タイプに分けられます。

壁掛け

給湯器を室内の壁に設置するタイプです。

屋内壁掛けタイプの給湯器は、「上方排気式(FE)」「上方給排気式(FF)」「後方給排気式(FF)」の3タイプの給排気方法があります。それぞれ給気と排気方法に違いがあり、現在設置されている方式と同様のタイプを選ぶ必要があります。

据え置き

ガス風呂釜(バランス釜)と呼ばれる給湯器を浴室内に設置するタイプです。

選び方②給湯器の種類と機能

給湯器の種類と機能

ガス給湯器の種類は、主に5種類が存在します。

給湯器は、給湯器メーカー毎に外見上の見た目や、給湯器本来の機能に大きな違いをもたない機器ですが、設置環境や家族構成、エコの観点などにより、多くの種類の機種がラインナップされています。

給湯器の種類や機能の選び方は、ライフスタイルに合わせた選択がおすすめです。

ライフスタイルに合わせた選択とは、例えば家族人数の変化やコスト削減を目論んだ選び方のことを指します。

給湯専用

お湯を供給するだけのシンプルな機能の給湯器で、キッチンやシャワーなどの給湯が可能です。

お風呂のお湯が冷めた場合は、シャワーや水栓からお湯を足して注ぐ形となります。

高温水供給式

給湯機能に浴槽の自動湯はりとおいだき機能を備えた給湯器です。 浴槽のお湯がぬるくなると自動的に約80℃の高温水を供給しながらおいだき気分を味わうことができます。 お風呂のお湯が冷めた場合は、高温水を足して注ぐため、お湯の量が増加します。常に保温しない分、ガスの消費を抑えることができます。

ガスふろ給湯器

給湯機能に浴槽の自動湯はりや循環式おいだき・保温機能などお風呂の便利機能が充実している給湯器です。 お風呂の機能には「オート」と「フルオート」の2種類に分けられ、それぞれの機能に違いがあります。機能の詳細は後述で解説します。

給湯暖房熱源機

給湯機能に浴槽の自動湯はりやおいだき、そして暖房機能を備えた給湯器で、1台で家全体が暖められるように複数の機能を有しています。 熱源機の機能は以下の機能を有する3つのタイプに分けられます。 ■給湯+ふろ+暖房の機能があるもの ■給湯+暖房の機能があるもの ■暖房機能のみ 暖房機能は、床暖房や温水ルームヒーター、浴室暖房乾燥機、パネルヒーターなど温水を循環させて室内を暖める端末機に対応しています。

バランス型ふろ釜

シャワーが一体となり給湯機能においだきを備えているふろ釜です。一部では給湯機能のない、おいだき専用のふろ釜があります。 浴槽に隣接して設置するタイプで、主に公営住宅向けとして設置されることが一般的です。

給湯器の機能

給湯器の機能には「フルオート」と「オート」の2種類があります。 この機能は、ふろ給湯器と給湯暖房用熱源機に搭載されているお風呂に関する機能です。 フルオートとオートの主な機能や違いについては以下の通りです。

 

機能比較

自動湯張り

自動おいだき

自動保温

自動足し湯

フルオート

オート

×

 

 

機能比較

 

おいだき配管

自動洗浄

自動沸きあげ

残り湯の沸かしなおし

フルオート

〇※1

オート

×

×

△※2

※1 設定水位まで湯量を自動調整します

※2 湯量にばらつきあり

フルオートとオートの機能の違いは表の通りですが、実際に使用すると給湯器の機能の違いはそれほど感じることはありません。

両機能の大きな違いは、おいだき配管の自動洗浄の有無が挙げられます。

給湯能力

給湯能力

ガス給湯器は、一度にお湯を出すことができる能力を号数で表しています。 一般的に使用されている号数は、16号、20号、24号の3種類で、号数が大きいほど、多くのお湯を出すことができます。

号数の意味

号数は具体的に、1分間に水温+25℃のお湯を何リットル出すことができるかを表した数値で、24号の給湯器であれば、1分間に水温+25℃のお湯を24L出すことができる能力を備えているということになります。

号数を選ぶ基準

号数の選び方は、一度にお湯を使用する頻度に合わせた選択がおすすめです。一度に多くのお湯を使用することが想定される場面としては、夕方以降のお風呂とキッチンの同時使用が考えられます。

参考:出湯量目安(1分間)シャワー 約10L/台所 約4L

シャワーと台所でお湯を同時使用した場合、1分間に合計で約14Lのお湯が出湯されます。

単純に16号~24号の給湯器を使用する場合は、2L~最大10L分の給湯能力を残しているということになります。しかし、水温や給水圧力、配管径などの諸条件が密接に関係するため、季節等によって給湯能力が制限される場合があります。

また参考として、下表を基準とした家族構成で選ぶことも一つの手段です。

■家族構成で選ぶ号数の基準

家族構成

使用頻度

号数

使い方

1人

1ヵ所での使用

10号

スポット給湯

1人~2人

1ヵ所での使用

16号or20号

シャワーor洗面orキッチン

2人~3人

2ヵ所での使用

20号

シャワー+キッチンor洗面

3人~4人

3か所での使用

24号

シャワー+キッチン+洗面

省エネ性

省エネ性

従来から使用されてきた従来型給湯器とは別に、ガス光熱費削減や環境性に配慮した排熱を再利用してお湯を作るエコジョーズ給湯器が主流になりつつあります。

特に新築住宅では、エコジョーズ給湯器を取り付けるケースが大半です。

エコジョーズは毎月のランニングコストを抑えることができる点が最大のメリットと言えます。

エコジョーズ給湯器の本体価格は、従来型より高くなりますが、毎月のランニングコストを含めて検討した場合、ご家庭の状況やガスの使用頻度によってエコジョーズ給湯器への交換がお得になる場合もあります。

 

給湯器選びはランニングコストも考慮する

給湯器選びはランニングコストも考慮

つい給湯器の本体価格と工事費用に目が行きがちになりますが、約10年も長く使用する給湯器はランニングコストも考慮したトータルコストの給湯器選びがとても大切です。

実は長い目で見た場合、初期費用が高くても、毎月のランニングコストを抑えられることで、結果的にお得になる場合があります。

省エネ性の高い給湯器へ交換する

現在設置の給湯器が、従来型ガス給湯器の場合は、エコジョーズ給湯器へ交換すると、年間のガス消費量を抑えることができると共に、コスト削減に繋がります。

交換条件

年間ランニングコスト(目安)

従来型ガス給湯器 ⇒ エコジョーズへ交換

約9~15%削減

 

家庭環境に合わせてシミュレーションする

給湯器を交換する際に、どの位のコスト削減が見込めるのか計算することで、おおよその目安を立てることができます。

■ランニングコスト比較

現在

交換後

従来型給湯器使用

毎月のコスト12,000円

 

10年間にかかるコスト

12,000×12ヶ月×10年=1,440,000

エコジョーズ使用(9~15%削減)

毎月のコスト約10,200~10,800円

 

10年間にかかるコスト約1,300,000円


上記のコストに購入を検討している給湯器本体と工事費用を合算して比較します。

例えば、現在は従来型フルオート給湯器の壁掛型で、交換後も同型またはエコジョーズ型フルオート給湯器の壁掛け型で検討している場合を比較してみます。

■交換を想定したコスト比較

従来型フルオート壁掛け 24号

エコジョーズ型フルオート壁掛け 24号

給湯器本体価格 相場最安110,000円

標準工事費35,000円

給湯器本体価格 相場最安130,000円

標準工事費45,000円(ドレン排水工事含む)

ランニングコスト

10年1,440,000円

ランニングコスト

10年約1,300,000円

コスト合計 1,585,000円

コスト合計 約1,475,000円

10年間で比較した場合、初期費用ではエコジョーズ型フルオート壁掛けが高いものの、ラニングコストを考慮すると、結果、約110,000円の差でエコジョーズへ交換したほうがお得であることが分かります。

給湯器交換業者選びのポイント

給湯器交換業者選び

給湯器の交換を対応している業者は、その数が多く、依頼先に迷うことも少なくありません。

交換となれば、真っ先に費用の安さに目が行きがちですが、費用以外にも交換業者の特徴をより知ることも大切です。

 

給湯器交換業者や特徴を押えよう

給湯器交換業者は大きく「給湯器メーカー」、「ガス会社」、「給湯器販売・工事業者」の3社があり、それぞれに特徴があります。

給湯器メーカーの特徴

給湯器を製造しているメーカーで、給湯器の交換は、他社(関連会社)で実施することが一般的です。技術者が集う会社であり、修理に定評があります。

給湯器本体の割引が少ないため、交換費用は高い傾向にありますが、メーカーの関連会社であることから安心感があります。

ガス会社の特徴

ガスの販売と供給をおこなっている会社です。

日頃から一番密接に関わる会社で、交換や修理の相談がしやすく、工事の経験が豊富です。

給湯器本体の割引は少ないですが、工事費用が安くい傾向にあります。

また顧客であることから定期的なアフターフォローが万全です。

給湯器販売・工事業者の特徴

給湯器の交換を主としている会社で、全国展開している業者や地域密着企業などさまざまです。

割引率が高いため、交換費用は、業界最安値と言えます。

また業者によっては、最長で10年の無償保証を付けるなど、手厚いサポートも用意されています。

給湯器交換業者選びの基準は6つ

交換業者を選ぶ際は、対応エリアや対応スピード、アフターフォローなどの基準を確認しておくことがポイントです。

その1-対応エリア

まず、お住まいのエリアに対応している業者をリストアップしておくことが重要です。

その2-対応スピード

日常生活でお湯が出ないと何かと困ります。

依頼したら直ぐにかけつけてくれる業者が親身になって対応してくれます。

その3-実績と保有資格

安心が得られる一つの要素として、交換実績と保有資格の提示が挙げられます。

予め自社のホームページ上で確認しておくと安心です。

その4-スタッフの対応

一つ一つに丁寧さと言葉から伝わる誠実さが感じられることが大切です。

後のトラブルを避けるためにも重要視すべきポイントです。

その5-交換費用相場

相場に対して安すぎず、高すぎずの妥当性を確認しておくことが大切です。

上記でご紹介した交換費用相場を参考にしてみて下さい。

その6-保証とアフターサービス

給湯器を交換してようやく安心と思わず、その後の故障による保証もしっかりと確認しておくことが大切です。保証内容は、給湯器本体と工事の2つの保証が一般的です。

給湯器交換のことならプロの業者に相談してみる

給湯器交換

給湯器の交換となれば、どれを選んだらよいのか分からないし、専門的な知識がないのでどうしたらよいのか分からないなど、悩みはつきものです。

そんな時はまず、プロの業者へ相談することをおすすめします。

お湯の専門店「新潟給湯器直販センター」では、24時間電話受付、そして緊急事態でも迅速に対応し、給湯器交換などの機器保証は、安心の5年保証付きでアフターフォローも整えています。

新潟給湯器直販センターでは新潟県を中心に、ご家庭の環境に合った最適な給湯器をご提案させていただき、おかげさまで皆さまにご愛好いただいております。

新潟市や長岡市、三条市、上越市、柏崎市では即日対応も実施していますので、お気軽にご相談下さい。

 


給湯器関連サイト:
ガス給湯器・給湯器専門店
給湯器交換販売修理のガスライフ新潟 ガス給湯器交換新潟限定の激安価格!

Call:0120-995-840
Call:0120-995-840