給湯器から水漏れ!水道代はどうなる?その原因や減免申請を解説 - ガス給湯器新潟|ガス給湯器修理交換の新潟給湯器直販センター

給湯器から水漏れ!水道代はどうなる?その原因や減免申請を解説

給湯器から水漏れ

給湯器から水漏れが発生して、どうしようとアタフタしている中で無事に修理や交換が完了し、あとは工事費の支払いを済ませるのみと思っていた矢先に、いつもより高い水道代を請求されることがあります。

給湯器の水漏れ原因はその時々の状況で異なり、故意に発生させた水漏れではないけれども請求された全額を支払わなければならないのか疑問を持つことは不思議なことではありません。

そのようなお悩みごとを解消するべく、水漏れが発生する原因から水道代の減免申請までを詳しく解説していきます。

給湯器から水漏れが発生する原因


給湯器から水漏れが発生する原因

給湯器の水漏れの原因は、給湯器内部の部品劣化や給湯器の設計上によるもの、天候に起因するものなどさまざまです。

給湯器の設置は屋外の場合が多く、普段からご自身で外回りをしない限り、給湯器に目を向けることは皆無です。そのため、気が付いたときには、既に大量の水が漏れていることがあります。時にはご近所様に水漏れを指摘されて初めて気が付くこともあるほどです。

ここでは給湯器の水漏れが発生する主な原因をご紹介します。

給湯器の故障が原因の水漏れ


給湯器の故障が原因で水漏れするケースは、主に下記3つのケースが挙げられます。

故障の状況によって修理または部品交換が必要となります。

給湯器部品の劣化による水漏れ


給湯器の内部は水通路に関係する部品が多く使用されており、給湯器の使用年数(目安10年)が経過すると、内部部品の経年劣化や摩耗によって水漏れを起こすことがあります。

また、給湯器本体以外に接続されている配管部品の劣化なども水漏れに関係しています。

水通路に関係する水漏れの原因は、以下のようなケースが挙げられます。

  • 給湯器内部の水通路配管の経年劣化による亀裂や穴あき
  • 暖房機能付きふろ給湯器の給水機器の劣化による亀裂
  • 熱交換器の経年劣化による亀裂や割れ
  • 給湯給水配管などの配管接続部のゴムパッキン(Oリング)の摩耗

給湯器内部の凍結破損による水漏れ


給湯器本体には、内部の水通路の凍結防止を目的として、凍結予防ヒーターという装置が搭載されています。このヒーターは外気温によって作動します。

通常、給湯器内部が凍結することはありません。給湯器リモコンの電源をOFFにした状態の場合でも同様です。

しかし、主に賃貸住宅など長期間に渡って不在となる場合は、ブレーカーをOFF、または給湯器の電源プラグを抜いてしまうと通電が途絶えて凍結予防ヒーターが作動せず、結果として給湯器内部が凍結して熱交換器などが破裂し水漏れを起こすことがあります。

また寒冷地では稀に凍結予防対策をおこなっていたとしても給湯器が凍結する場合があります。

対処法については、後述の「給湯器の水漏れ対処法」をご確認下さい。

給湯器配管の凍結破損による水漏れ


給湯器に接続している配管は、外気温が⁻3℃以下を目安に凍結を起こす可能性が高くなると言われています。

ただし、外気にさらされるような風通しのよい場所に給湯器が設置されている場合は、凍結が起こりやすい環境にあるため、目安とされる外気温に関わらず凍結しやすくなります。

配管の凍結が起こると、水が凝固する圧力の変化で過大な力が配管にかかり、破裂または変形を引き起こし、次第に水漏れが発生します。

配管は給水配管だけではなく、給湯配管やおいだき配管のいずれも凍結による破損が懸念されるため、凍結予防対策が必要です。

給湯器の故障以外での水漏れ


水漏れは必ずしも故障が原因で発生するとは限りません。

給湯器の故障以外で発生する水漏れとしては、「給湯器水抜き栓からの水漏れ」と「悪天候に起因する水漏れ」の2つのケースが該当します。

給湯器水抜き栓から水漏れ


長期間に渡って給湯器を使用していない場合で、給湯器内部に高い圧力が生じると、給湯器に接続する配管の水抜き栓=過圧防止安全装置から減圧のために水が落ちることがあります。

過圧防止安全装置からの水の滴り落ちる現象は故障ではありませんが、長時間水が止まらない、また量が多いと感じる場合は、故障の可能性も否定できません。その場合は、業者に相談してみて下さい。

悪天候に起因する水漏れ


台風や強雨の悪天候時に、給湯器の排気口などから給湯器内部に水が浸入し、給湯器下部の腐食部分等から水がしたたり落ちる場合があります。

水漏れの直接的な原因は故障によるものではありませんが、給湯器の外装に腐食部分が見受けられることは望ましい状態ではありません。

水漏れが原因の水道料金を減免申請する


水漏れが原因の水道料金を減免申請する

水漏れによる高額な水道代の請求に誰もが驚くと思います。

しかし慌てないで下さい。

自治体によっては、水漏れの発生状況などにより、かかった水道料金の減額措置が適用できる場合があります。

そこで減額措置を申請するにあたり、条件や申請方法などについてお伝えしていきます。

自治体によって減免の要件が異なる


給湯器の水漏れによる水道料金の減免は、自治体が定める条件によって異なります。

一般的な減免対象の一例としては以下の通りです。

  • 天災などの不可抗力が起因する水漏れ
  • 自己の過失がないと認められる水漏れ
  • 埋設部分など目に見えない範囲における配管の水漏れ

しかし、既に目に触れやすく水漏れを放置している状態などの場合は、対象外と認識しておくべきです。

水漏れにおける水道料金の減額対象など詳しくは、水道料金に記載されている水道局へお問い合わせ下さい。

水道料金の減免申請


減免申請は、上下水道局指定の給水装置工事事業者が申請する場合と、ご自身で申請する場合の2通りがあり、自治体によって異なります。

■一般的な減免申請の流れ

①水漏れ確認⇒②指定給水装置工事事業者へ修理依頼⇒③水漏れ修理⇒④水道料金などの減免申請書作成⇒⑤水道局へ提出

注意)賃貸物件にお住まいの方は、必ず大家さんや管理会社へ相談して下さい。

水漏れが発生し、水道局に減免申請等について相談した際に、指定工事業者を紹介してもらえますので、のちにご自身で修理依頼を実施します。

水漏れの修理完了後、水道局より減免申請書を取り寄せ記載して水道局へ提出します。自治体によっては指定工事業者が減免申請する場合があります。

水道料金の減免となる金額


最も気になる減免金額ですが、かかった水道料金が全て減免される訳ではありません。

減免される金額は、平均の水道量から増加分の約50~70%に当たる水道料金が減額対象となることが一般的のようです。

ただし、減額の対象事例であったとしても、減免金額の算定後、結果的に水道料金が減額にならない場合があるため、その点も考慮しておく必要があります。

水漏れは専門の業者に相談する


水漏れは専門の業者に相談する

給湯器の水漏れは、給湯器の損傷だけでなく、二次被害をもたらす可能性が高いため、できるだけ早急な対応が必要です。

「これくらいの水漏れなら大丈夫だろう」は危険です!

また、水漏れした分の水道料金はいくら請求されるのかと気が重くなるところです。

水漏れを発見したら、24時間電話受付、そして緊急事態でも迅速に対応してもらえお湯の専門店「新潟給湯器直販センター」へ相談することをおすすめします。

新潟給湯器直販センターでは、新潟県を中心に交換を含めたご提案で皆さまにご愛好いただいております。

新潟市や上越市、三条市、燕市など新潟エリアを広く対応していますので、お気軽にご相談下さい。

給湯器から水漏れ!水道代はどうなる?その原因や減免申請を解説
給湯器から水漏れ!水道代はどうなる?その原因や減免申請を解説
新潟給湯器直販センター
ガス給湯器新潟
新潟最安値で給湯器交換・給湯器修理・給湯器販売
新潟 ガス給湯器 電話