給湯器の修理にかかる相場は?知らなきゃ損!修理と交換を徹底比較 - ガス給湯器新潟|ガス給湯器修理交換の新潟給湯器直販センター

給湯器の修理にかかる相場は?知らなきゃ損!修理と交換を徹底比較

給湯器の修理

給湯器の故障かな?と思い、できる復旧方法を試した結果、解決に至らない場合は、業者に点検を依頼すると共に、修理または交換の心づもりが必要です。

特に一番気になることと言えば、修理や交換の費用であり、ある程度の出費はやむを得ないものの、できれば安く対応したいところではないでしょうか?

ここでは、修理費用と交換費用を中心に、修理と交換の判断基準やメリット・デメリットなどについて詳しく解説していきます。

給湯器修理は自分できる?


給湯器修理は自分できる?

まず、給湯器の故障に伴ってご自身で修理ができる範囲は、ほぼ無いと考えて下さい。

何故ならば、修理や交換が必要と判断されるケースは、給湯器の部品劣化による部品の交換や配管の修理に伴う加工や部材の交換などが大半を占め、高度な知識や技術を備えていることは勿論のこと、必要な資格を所持していることが必要だからです。

そのため、プロの業者以外の方は、安全面の観点から業者に点検を依頼することを強くおすすめします。

給湯器の修理で必要な資格


給湯器の修理では、その工事内容、都市ガスとプロパンガスのようにガス種の違いや、ガス配管の取外しや接続、位置の変更や加工など作業によってそれぞれの資格を有していることが必要です。

■ガス給湯器やエコキュート(電気給湯器)の修理に必要な主な資格(一例)

・ガス消費機器設置工事監督者

・ガス可とう管接続工事監督者/ガス機器設置スペシャリスト(GSS)

・液化石油ガス設備士

・給水装置工事主任技術者

・第二種電気工事士

上記以外にも各種資格がたくさんあります。

ご自身で給湯器部品の交換ができる作業


給湯器自体の故障ではなく、一般の方が消耗品として入手が可能な範囲において、修理ではなく、部品自体の交換が可能です。またかかる費用は5,000円程度と比較的安価です。

■対象の範囲

①浴槽内の循環アダプターフィルターの交換

②給湯給水配管の保温材の交換

③水抜き栓フィルターの交換

ただし、安全のため、交換作業を実施する際は、給湯器の電源を「OFF」にする、リモコンの設置が無い場合は、給湯器の電源プラグをコンセントから抜くことが重要です。

またお湯を使用した直後や濡れた手での作業は、火傷や感電の恐れがあるため、十分に配管が冷えた頃合いを見計らう、乾いた軍手で作業するなど、火傷や感電などの未然防止に努めて下さい。

給湯器の修理や交換を依頼すべき目安


給湯器の修理や交換を依頼すべき目安

給湯器の修理は、各給湯器メーカーが定める無償保証期間と使用年数によって判断することが一つの目安です。

給湯器メーカーの無償保証期間


メーカー

BL品

非BL品

延長保証期間

ノーリツ

2

1

3年保証対象品のみ3年間の延長保証(非BL認定品除く)

リンナイ

3年間の延長保証 

パロマ

BRIGHTSシリーズ(エコジョーズ)のみ5年間の延長保証

パーパス

特定保守製品(FE/FF式給湯器)は3年間の延長保証

※BL品とは、財団法人ベターリビングによって優良住宅部品としての認定を受けた認定商品のこと

各給湯器メーカー共に、1~2年の無償保証期間が定められていますが、事前に給湯器の所有者登録を申請している場合は、更に無償保証期間が3年~5年(無償保証期間を含め)の延長となります。

その他、各給湯器メーカー独自の有料延長保証に加入している場合は、上記の表の通り、定められた期間において無償修理が可能であることや、給湯器を設置した業者独自の無償修理保証が付帯されている場合もあります。修理前には今一度、お手元の保証書の内容を確認しておくことが大切です。

<参考>ガス給湯器のBL品表記

メーカー

製品名の末尾表記

ノーリツ/パーパス

製品名の末尾に「BL」表示あり

リンナイ

製品名の末尾に「-E」の表示がない

パロマ

製品名の末尾に「L」表示あり

製品名は、ガス給湯器本体の前板(前面パネル)の銘板シールや取扱説明書、給湯器カタログで確認することができます。

給湯器メーカーの修理対応期間


修理対応期間とは、各メーカーが給湯器の部品を保有している期間のことを指します。

そのため、部品の保有がある場合のみ修理が可能となります。

主な給湯器メーカー

BL認定品

非BL認定品

ノーリツ

10

7

リンナイ

パロマ

パーパス


部品の保有期間を考慮した場合は、給湯器の使用年数が6年以内までが修理を依頼すべき目安と言えます。
※点検の結果、必要と見込まれる整備部品(入水・出湯サーミスタ、パッキン等の一部の部品)の保有期間は11年です。

部品の保有期間を考慮した場合は、給湯器の使用年数が6年以内までが修理を依頼すべき目安と言えます。

給湯器の修理よりも交換が望ましいケース


修理よりも交換が望ましいケースは「交換費用が安い」「7~10年を経過した給湯器の故障」の2通りが考えられます。

■給湯器の交換費用が安い

修理費用よりも交換費用が安い場合は勿論のこと、交換費用と比較してそれほどの金額差がない場合は、交換がおすすめです。

■7年~10年を経過した給湯器の故障

7年~10年を経過した給湯器は、当該箇所の修理をおこなったとしても別の部品の経年劣化で再び故障するリスクが高く、修理の度に費用が積み重なります。

また、経年劣化によるガス漏れや不完全燃焼などの危険性も高まるため、交換がおすすめです。

給湯器の修理と交換のメリットとデメリット


修理または交換には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

今の置かれている状況の中で、メリットの部分が多く当てはまる場合は、修理または交換のどちらかを選択するといった考え方もあります。

参考までにメリットとデメリットをご紹介します。

■修理のメリット

・無償保証期間内は、修理費用が無料で出費がない。

・故障箇所によっては、交換するより費用が安く済む場合がある。

・部品の供給があれば、即日復旧できる。

■修理のデメリット

・7年以上使用した給湯器は、部品の保有がない可能性がある。

・当該部品以外にも部品の劣化が懸念される。

・修理が不可の場合でも出張費と点検費がかかる。

■交換のメリット

・最新機能の新品を購入できる

・エコジューズへ交換することでガスの消費量を抑えることができる

・近々に故障するリスクが少なくて安全

■交換のデメリット

・給湯器の種類によっては、初期費用が修理よりも高額になる

・給湯器の機種選びに時間を要する

・希望する給湯器の在庫がない場合は、交換までに日数を要する

・工事当日に追加費用が発生する場合がある

給湯器の修理はどこに依頼する?


給湯器の修理はどこに依頼する?

給湯器の点検や修理の依頼先は、主に給湯器メーカーや給湯器の設置業者となります。

ただし、賃貸住宅にお住まいの方は、直接業者に連絡をおこなわず、事前に大家さんや管理会社へ連絡をします。

 

給湯器メーカーと設置業者


給湯器の修理は主に給湯器メーカー(ノーリツ・リンナイ・パロマなど)をはじめ、給湯器の販売を主体としている専門業者や、お使いのガス会社などで対応しています。それぞれ以下のようなご希望で使い分けるとスムーズな修理が可能です。

①給湯器メーカー:点検を含めて修理を希望

②給湯器販売・工事業者/ハウスメーカー・工務店:給湯器の交換を希望

③ガス会社:点検を含めて修理と交換の両方を検討

給湯器の修理にかかる費用


給湯器の修理にかかる費用

給湯器の修理は、上述でお伝えしてきました無償保証期間内であれば無償修理が可能です。しかし、上記「給湯器メーカーの無償保証期間」でお伝えしました無償保証期間外の場合は、全て有償修理となります。

修理費用相場


一般的に修理費用の内訳は、出張料+部品代+技術料となります。

給湯器の故障は、その原因に対して必ずしも修理箇所が1ヶ所とは限らず、複数の部品が故障と診断される場合もあります。そのような状況下においては、修理費用が高くなる傾向にあります。

また、同じ部品の修理でも、給湯器の機種や修理業者、地域によって修理費用が異なります。

■修理費用相場

修理箇所

費用相場

電装系

7,000~45,000円

燃焼系

14,000~43,000円

水量制御系

9,500~38,000円

安全装置

7,000~38,000円

中和器

12,000~25,000円

※上記の相場はあくまでも目安です。

故障原因別の修理費用相場


ここでは、上記でお伝えした内容をより詳しく解説していきます。

先にお伝えしておきますと、修理で高額となる代表的な部品は、電装基盤と熱交換器です。

給湯器の機種によって修理費用に幅があり、費用が40,000円以上になることもあります。

修理箇所によっては、数千円で収まるケースもありますが、ご自身の心積もりとしては、最低でも10,000円以上かかることは考慮して下さい。

電装基盤などの電装系の修理費用


■修理費用内訳

項目

費用相場

出張費

2,000~3,000円

部品代

2,000~30,000円

技術料

3,000~12,000円

電装系の修理とは、配線修理や給湯器の電装基盤の交換など電気系統が主な対象となります。

給湯器は簡単に言うと、電気的に各部品に指令を出して稼働させる仕組みで、その心臓部に該当する電装基盤が運転するにあたって大事な役割を果たしています。

その電装基盤(電装ユニット)の故障については、基盤部品のみで30,000円程度の費用がかかり、修理費用を合計すると、約40,000円以上もかかる場合があります。

バーナーなどの燃焼系の修理費用


■修理費用内訳

項目

費用相場

出張費

2,000~3,000円

部品代

7,000~15,000円

技術料

5,000~12,000円

燃焼系の修理は、ガスの供給を抑制するガス電磁弁やガスの量を抑制するガス比例弁、バーナーなど、燃焼に関係する部品が主な対象となります。

点火装置の汚れをクリーニングするだけで修理が完了する場合は、比較的安い費用で収まりますが、部品1点をまるごと交換する場合は、最低でも15,000円以上の費用がかかります。

水量サーボなどの水量制御系の修理費用


■修理費用内訳

項目

費用相場

出張費

2,000~3,000円

部品代

5,000~20,000円

技術料

5,000~15,000円

水量制御系の修理は、通水量を計測する水量センサーや出湯を安定させる水量サーボなど、水の通路に関係する部品が主な対象となります。

比較的故障の多い水量サーボという部品は、水を通る配管から剥離した錆やその他の異物を取り除くだけのクリーニングであれば安い費用で収まりますが、部品の劣化等で交換をおこなう場合は、10,000~15,000円程度の費用がかかります。

立ち消え安全装置などの安全装置系の修理費用


■修理費用内訳

項目

費用相場

出張費

2,000~3,000円

部品代

2,000~20,000円

技術料

3,000~15,000円

安全装置系の修理は、何らかの原因で途中失火した場合に、安全上ガスを遮断する立ち消え安全装置や、給湯器内部の異常な高温による事故を未然に防止する過熱防止装置(温度ヒューズ)など、給湯器を安全に使用するための各装置が主な対象となります。

ガス給湯器は、主に6種類程度の安全装置が搭載されています。

・立ち消え安全装置

・過熱防止装置

・漏電安全装置

・不完全燃焼防止装置

・空焚き安全装置

・凍結防止装置

※給湯器の種類によって搭載されている安全装置が異なります。

エコジョーズ特有の中和器の修理費用


■修理費用内訳

項目

費用

出張費

2,000~3,000円

部品代

3,000~8,000円

技術料

7,000~15,000円

中和器とは、エコジョーズタイプのガス給湯器のみに搭載され、機器の特性で発生する酸性のドレン水を中和して機外に排出する役割を担っている部品です。

よくある事例としては、中和器内部や排水をおこなうドレン排水管に異物が詰まることがあり、その場合はクリーニング作業で復旧することができます。

しかし中和器は、約10年相当までの運転に対し中和機能が有効であるとされていますが、給湯器の使用頻度が高ければ、それだけ中和機能を果たす期間が短縮されます。

一般的には使用から10年を超えると中和機能が果たせず、例外なく交換を余儀なくされるため、18,000円程度の出費は覚悟しておかなければなりません。

給湯器の交換にかかる費用


給湯器の交換にかかる費用

給湯器の交換にかかる費用の内訳は、一般的に「商品代」+「工事代(標準工事費+標準工事費以外の工事費」となります。

また費用は、設置する業者や給湯器の種類、工事内容によって大きく異なります。

給湯器本体の価格


給湯器本体の価格は、一般家庭で普及率の高い16号から24号までの給湯能力、熱効率や自動湯はりなどの給湯器の機能などの組合せによって大きく異なります。

目安として、給湯能力が大きくて豊富な機能を備える給湯器ほど価格は高くなり、逆に号数が小さくて機能が少ないものほど安くなります。

■従来型給湯器の価格相場

種類

号数

号数別価格帯

相場

給湯専用

壁掛け型

16号

35,000~65,000円

63,000~

103,000円

20号

40,000~85,000円

24号

50,000~90,000円

据置き型

16号

75,000~100,000円

20号

85,000~125,000円

24号

90,000~150,000円

オート

給湯器

壁掛け型

16号

75,000~150,000円

90,000~

175,000円

20号

90,000~170,000円

24号

95,000~180,000円

据置き型

16号

80,000~160,000円

20号

100,000~180,000円

24号

110,000~210,000円

フルオート

給湯器

壁掛け型

16号

80,000~170,000円

105,000~

190,000円

20号

100,000~180,000円

24号

110,000~190,000円

据置き型

16号

90,000~180,000円

20号

120,000~200,000円

24号

130,000~220,000円

オート

熱源機

壁掛け型

16号

120,000~190,000円

140,000~

210,000円

20号

140,000~220,000円

24号

140,000~230,000円

フルオート

熱源機

16号

130,000~200,000円

150,000~

225,000円

20号

155,000~230,000円

24号

165,000~240,000円

 

■エコジョーズ給湯器の価格相場

種類

号数

号数別価格帯

相場

給湯専用

壁掛け型

据置き型

16号

80,000~110,000円

85,000~

120,000円

20号

85,000~120,000円

24号

90,000~130,000円

オート

給湯器

壁掛け型

16号

95,000~160,000円

115,000~

210,000円

20号

110,000~180,000円

24号

120,000~200,000円

据置き型

16号

100,000~200,000円

20号

130,000~250,000円

24号

150,000~260,000円

フルオート

給湯器

壁掛け型

16号

100,000~190,000円

125,000~

250,000円

20号

120,000~200,000円

24号

130,000~220,000円

据置き型

16号

110,000~220,000円

20号

140,000~280,000円

24号

150,000~290,000円

オート

熱源機

壁掛け型

16号

130,000~220,000円

150,000~

240,000円

20号

150,000~240,000円

24号

160,000~260,000円

フルオート

熱源機

16号

140,000~230,000円

160,000~

255,000円

20号

170,000~260,000円

24号

180,000~270,000円

給湯器の標準工事費


■標準工事費相場 約35,000~70,000円

標準工事費とは、標準的な工事にかかる工事費用です。

また費用は、設置環境や見積もり項目の違い、使用する部材によって異なります。

■標準工事費内訳<参考>

項目

費用相場

作業内容

機器撤去処分費

3,000~5,000円

給湯器や周辺部材の処分

機器設置工事費

5,000~10,000円

アンカー固定など

配管接続費

10,000~35,000円

配管加工など

保温復旧費

3,000~5,000円

配管の保温材取り付け

試運転調整費

3,000~5,000円

機器の取り扱い説明など

諸経費

5,000~10,000円

有料駐車場代など

ドレン排水工事

5,000~15,000円

エコジョーズタイプの排水設備工事

 

給湯器の標準工事費以外の工事費


■標準工事費以外の工事費相場 約10,000~30,000円

標準工事費以外の工事費とは、上記の標準工事で定められている項目以外の工事にかかる費用です。一般的には見積もりの段階で計上されている工事費となりますが、その他に工事当日に想定外の作業が発生した場合にもかかる費用として計上されることがあります。

■標準工事費以外の工事費内訳<参考>

項目

相場

備考

搬入費・足場設置費

3,000円~(簡易なもの)

足場設置 約50,000円~

壁貫通工事費

5,000~10,000円

おいだき配管の新設など

配管・雑資材費

5,000~15,000円

劣化した部材の交換など

電源コンセント増設費

3,000~5,000円

電源コンセント移設など

オプション追加費

10,000~20,000円

配管/排気カバーの設置など

給湯器の修理とかかる費用はプロの業者に相談!


給湯器の修理とかかる費用はプロの業者に相談

給湯器の修理が必要かも?と思った時は、一人で悩まないでください。

24時間電話受付で年中無休、そして緊急事態でも完全自社施工で迅速に対応してもらえるお湯の専門店「新潟給湯器直販センター」へ相談することをおすすめします。

新潟県を中心に広範囲に渡って対応しており、新潟市や長岡市、三条市、上越市、柏崎市では即日対応も実施しています。

まずは、お気軽にご相談下さい。

給湯器の修理にかかる相場は?知らなきゃ損!修理と交換を徹底比較
給湯器の修理にかかる相場は?知らなきゃ損!修理と交換を徹底比較
新潟給湯器直販センター
ガス給湯器新潟
新潟最安値で給湯器交換・給湯器修理・給湯器販売
新潟 ガス給湯器 電話