Call:0120-995-840

新着情報 │ガス給湯器

2018/04/14


冬シーズンに給湯器の電源を抜いたりブレーカーを落としたままにすると、 給湯器の凍結防止が止まってしまい肝心な凍結防止装置がぜんぜん働きません。 そうするとどうなるか、給湯器の内部の水が凍結して、配管類が破裂します。 それが原因で水道の水がポタポタ漏れたり、電気がショートをしたり事故になってしまいます 場合によっては水道水が機械の中からどんどん噴き出してしまうことがあります。 その際は水道の元栓(水道メーターの横の栓)を一時的に閉めて、 水が止まったところを確認をしながら、給湯器の水栓を閉めるなどしたあと、ガス屋さんや 水道屋さんなど修理をご依頼をして下さい。 ・インターネットの普及により、同業他社も増え、  価格競争も日々激しくなっておりますが、ホームページ上の  「安い」だけではない「安心感」をメールや電話で、  少しでもお伝えできるように、スタッフ一同努めております。

Call:0120-995-840
Call:0120-995-840