キャッシュレス消費者還元事業

Call:0120-995-840

スタッフブログ │ガス給湯器

ガス代を上手に節約!キッチンのガス代節約術を徹底解説!

ガス代を上手に節約!キッチンのガス代節約術を徹底解説!

Pocket

ガス代の節約って、案外難しいですよね。特に冬場!請求金額を見てなんでこんなに高いの!?なんてびっくりすることも。実は冬はガス代が高くなりがち。冬に限らず年間を通して節約に挑戦してみませんか?今回は特にガスを使う、キッチンのガス代節約術をご紹介したいと思います!

冬にガス代が高くなる理由

 

毎年冬はガス代が高くて困っている!という方も多いのでは?夏の2倍は高いなんてこともよくある話です。

 

冬のガス代の相場は4人家族の場合、都市ガスで6,000~8,000円、プロパンガスで8,000~10,000円とかなり高額に。なぜ冬になるとガス代が高くなるのか、主な理由は2つあります。

 

1つ目は水温が低いためお湯に切り替える際、多くのエネルギーを必要としてしまうから。例えば40℃まで温度をあげる場合、20℃から上げるか30℃から上げるかによって、使うエネルギーの量も変わります。

 

もう1つの理由として考えられるのは、浴槽にお湯を張る機会が増えるからです。夏はシャワーだけで済ませることが多くても、冬はゆっくり湯船につかりたくなりますよね。毎日お風呂にお湯を張っていれば、もちろんガス代も高くなります。

 

家計を守る主婦にとって、節約は大事な仕事の一つ。ガス代が高くなる原因がわかったところで、次は肝心な節約術を見ていきましょう!

今すぐ始めたい!キッチンのガス代節約術

 

難しく思えるガス代の節約は、意外に簡単なんですよ。ガス代を節約すれば、浮いたお金を食費に回していつもより豪華なものを食べたり、コツコツと貯めた節約貯金で家族旅行をしたり、なんてことも。では早速、キッチンのガス代節約術をご紹介します!

電子レンジを活用する

 

ガス代節約術の1つ目は、電子レンジの活用です。

 

例えば野菜の下茹で。ガスコンロで茹でるのではなく、ラップで包みレンジで温めるだけで年間約3,000円もの節約に!ラップではなくシリコンタイプの蒸し器を使ってレンジにかけるのもおすすめです。ゴミが減るので環境にも優しいですね。

 

最近の電子レンジやキッチンツールは進化していますから、野菜に限らずパスタやラーメンの麺類なども調理できるんですよ!電気代の安い時間帯なら、鍋を使って茹でるよりも節約になります。便利なアイテムを上手く活用することが、ガス代節約のポイントです。

食器洗いのお湯は温度を低めにする

 

食器を洗うとき、多くの方がお湯を使いますよね。食器洗いのお湯、お風呂でシャワーを使用するときと同じ温度設定のままになっていませんか?

 

お湯は温度が高ければ高いほどエネルギー量を多く必要として、ガス代も高くなります。食器洗いでお湯を使う場合は、35~37℃程の低めの温度に設定することで、年間で1,000~1,500円程のガス代が節約できますよ。

 

温度が低いと油汚れが落ちにくい…と感じる場合は、キッチンペーパーであらかじめ汚れをふき取ったり、電気ケトルで沸かしたお湯を使って油を洗い流したりしてあげることで、温度が低いお湯でもしっかり洗えます。

ガスコンロは炎の強さに注意

 

お湯の温度と同じように、ガスコンロの炎も大きいほどガス代が上がります。

 

鍋底から炎がはみ出るのはNG。ムダにガスを使い過ぎている証拠です。鍋底に触れるギリギリ程度の中火を使うことで年間500円ほどの節約に。

 

お料理をする際は、炎の強さに注意してみてください。

 

鍋は小さいものより大きいものを使う

 

あまり知られていない節約術ですが、実は小さい鍋より大きい鍋を使った方が、ガス代の節約になるんです!

 

理由は大きい鍋は炎があたる面積が広く鍋に熱が効率よく広がり、使うガスの量を抑えられるからです。お料理も時短になりますから、忙しい主婦にとっては嬉しい節約術ですね。

 

蓋や落し蓋を使う

 

ガスコンロを使って調理をするとき、鍋の蓋や落し蓋をすることでガス代が約半分にも節約できます。

 

蓋を使うことで食材に効率よく熱が伝わり、調理時間を短縮できるからです。ガスを使う時間が短いほどガス代の節約に繋がりますよね。それだけではなく、味もよく染み込むので煮物などの味もより美味しくなり一石二鳥!

 

お料理に限らず鍋でお湯を沸かすときにも、蓋をすることで素早く沸騰してガス代を節約できますよ。今日から鍋には蓋か落し蓋を徹底してみましょう!

 

卓上IHクッキングヒーターを使う

 

究極のガス代節約ともいえるのが、卓上IHクッキングヒーターを使う方法です。コンセントに繋いで電気を使って調理をするものですね。

 

もちろんガスは一切使いません。電気代が安い時間帯であれば、ガスを使った調理よりも光熱費を安く抑えらます。ちなみに都市ガスを使っている方の場合は、時間帯問わずガス代の方が安いのでおすすめできません。都市ガスはプロパンガスと比べるとかなり安いんですよね。

ガス代を上手に節約しよう!

 

キッチンのガス代節約術をご紹介しました。私たちの暮らしに欠かせないガス。ちょっとした工夫と努力で、年間を通してかなりのガス代が節約できます!ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、今日からガス代の節約を始めてみてはいかがでしょうか。

Call:0120-995-840
Call:0120-995-840